アメリカ株 投資情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 【米国経済指標】 住宅着工件数 17年ぶりの低水準

<<   作成日時 : 2008/04/16 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカ経済指標


CPI (消費者物価指数) -3月 [0.3%、予想:0.3%、前回:0.0%]

コアCPI -3月 [0.2%、予想:0.2%、前回:0.0%]

米労働省が16日に発表した消費者物価指数は0.3%の上昇となった。
変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数は0.2%の上昇となった。
両指数ともエコノミストの予想と一致した。

過去1年間、エネルギーと食品の価格は上昇を続けており、インフレ圧力が強まっている。



住宅着工件数 -3月 [94.7万、予想:101万、前回:107.5万]

建設許可件数 -3月 [92.7万、予想:97万、前回:98.4万]

米商務省が16日に発表した3月の住宅着工件数は、季節調節済み、年率換算で94万7000戸となり、前月比で11.9%の減少となった。
1991年以来、17年ぶりの低水準となった。

建設許可件数も92万7000戸となり、どちらもエコノミストの予想を大きく下回った。

あらてめて住宅市場の低迷振りがうかがえる結果となった。



鉱工業生産 -3月 [0.3%、予想:-0.1%、前回:-0.5%]

設備稼働率 -3月 [80.5%、予想:80.4%、前回:80.4%]

米連邦準備制度理事会 (FRB) が16日に発表した3月の鉱工業生産は前月比で0.3%の上昇となった。
設備稼働率は80.5%となった。

鉱工業生産はエコノミストの予想に反しての上昇となった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【米国経済指標】 住宅着工件数 17年ぶりの低水準 アメリカ株 投資情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる