アメリカ株 投資情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 【決算発表】 バンク・オブ・アメリカ 詳細

<<   作成日時 : 2008/04/22 14:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカ企業の決算発表

バンク・オブ・アメリカ (BAC)

第1四半期 EPS: 0.23 アナリスト予想EPS: 0.41 前年同期EPS: 1.16

純利益:12.1億ドル 前年同期:52.6億ドル

総収入:173億ドル 前年同期: 181.6億ドル


先週発表されたシティグループ (C)の評価損の額がアナリストの予想以下だったことで、市場には信用危機の最悪期は脱したとの楽観的雰囲気が漂い始めていた。

しかし、バンク・オブ・アメリカがそうした楽観的な気分に水を差してしまった。


バンク・オブ・アメリカの第1四半期は前年同期比で77%の減益となった。

第1四半期の純利益は12億1000万ドルで、1株当たり利益は23セントとなった。

前年同期の純利益は52億6000万ドルで、1株当たり利益は1.16ドルだった。


ケネス・ルイスCEOは、「長引く住宅市場の低迷、サブプライム問題、失業率、原油価格と食品価格の高騰を考えると、消費者の経済状況については、今後も憂慮せざるを得ない」と述べ、金融機関にとってはしばらく厳しい状況が続くことを示唆した。

同氏は、「さあ、Happy days are here againを歌おう、と言うにはまだまだ早すぎる」と語った。


この困難な状況にあっても、ルイスCEOは、1株当たり64セントの四半期配当を維持することを発表した。

ただし、「もし事態が著しく悪化したり、厳しい状況が続くようなら、配当を見直すことになるだろう」と同氏は付け加えた。

バンク・オブ・アメリカは21日の取引で2.46%下落して37.61ドルとなった。

今後数四半期は厳しい経営が続きそうなバンク・オブ・アメリカだが、今が絶好の買い時と見ているアナリストもいる。

パンク・ジーゲルのアナリスト、リチャード・ボーブ氏は「バンク・オブ・アメリカの経営はとても健全だ。株価はとても安い。買い時だよ」と語った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【決算発表】 バンク・オブ・アメリカ 詳細 アメリカ株 投資情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる