アメリカ株 投資情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 【決算発表】 RIM アメリカNo1スマートフォン BlackBerryが絶好調

<<   作成日時 : 2008/04/03 10:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカ・カナダ企業の決算発表

リサーチ・イン・モーション (RIMM)

第4四半期EPS 0.72  予想EPS 0.70  前年同期EPS 0.33


2日の株式市場が取引を終えた後、携帯情報端末BlackBerryブラックベリー)を製造、販売するRIMリサーチ・イン・モーション)が第4四半期(12月-2月)の決算を発表した。

カナダのオンタリオ州、ウォータールーに本拠地を置くRIMの株価は2007年の1年間で3倍に上昇していたが、再びウォール街をあっと言わせてくれた。

→ リサーチ・イン・モーションの過去2年間の株価チャート

第4四半期の利益と、第1四半期の利益見通しがアナリストの予想を上回ったことから、RIMの株価はアフターマーケットで4.72%上昇して、121.25ドルとなっている。

第4四半期の利益は4億1250万ドルで、1株当たりの利益は72セントとなった。
アナリストの予想は70セントだった。
前年同期の利益は1億8740万ドルで、1株当たりの利益は33セントだった。


第4四半期の新規契約者は218万人で、BlackBerryの総契約者は1400万人となった。
売上高は18億8000万ドルで、前年同期の9億3040万ドルから倍増した。


今年第1四半期の業績については、売上高が22億3000万ドルから23億ドル、1株当たり利益は82セントから86セントになるとの見通しを示した。
アナリストの予想は77セントだった。


トロントに拠点を置くダンカン・スチュアート・アセット・マネジメントダンカン・スチュアート氏は、「アメリカ経済の景気後退懸念が高まる環境の中で、これだけの数字を成し遂げてみせるとは、投資家もびっくりだよ。景気減速はRIMにとってもマイナスだと思われていたからね」と述べた。


RIMの共同CEOのジム・バルシリー氏は、この3ヶ月間は、BlackBerryのマルチメディア・モデルがコンシューマー市場で人気を集めたと語った。

同氏は、「これは重要なことだからぜひ言っておきたい。景気が悪くなっているにもかかわらず、我が社のビジネスにはスローダウンの兆候などまったく見られないよ」と付け加えた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【決算発表】 RIM アメリカNo1スマートフォン BlackBerryが絶好調 アメリカ株 投資情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる