アメリカ株 投資情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 【米国経済指標】 消費者物価指数 0.2%の上昇

<<   作成日時 : 2008/05/15 09:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカ経済指標

CPI (消費者物価指数) -4月 

[+0.2%、予想:+0.3%、前回:+0.3%]

コアCPI -4月 

[+0.1%、予想:+0.2%、前回:+0.2%]


米労働省が14日に発表した4月の消費者物価指数は前月比で0.2%の上昇となった。
変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数は0.1%の上昇となった。

両指数ともエコノミストの予想を下回り、インフレに対する懸念が後退する結果となった。

食品価格は0.9%上昇し、1990年1月に1.5%上昇して以来の高い伸びとなった。

エネルギー価格は変わらずで、ガソリン価格は2%低下した。


ジョン・ハンコック・ファイナンスのエコノミスト、レベッカ・ブロイ氏は、「アメリカ経済がスローダウンしたことで、明らかにインフレは抑制されているわ」と語った。


ムーディーズのエコノミスト、マーク・ザンディ氏は、「この夏は、食料品で買い物をしたり、ビーチにドライブに行くのがつらくなるだろうね」と語った。

彼は、5月のガソリン価格は大きく上昇する結果になると予測している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【米国経済指標】 消費者物価指数 0.2%の上昇 アメリカ株 投資情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる