アメリカ株 投資情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 【決算発表】 ティファニー 海外での売上げが好調

<<   作成日時 : 2008/06/01 15:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカ企業の決算発表


ティファニー (TIF)

第1四半期(2月 - 4月)


第1四半期 EPS: 0.50 アナリスト予想EPS: 0.40 前年同期EPS: 0.36

純利益: 6440万ドル 前年同期: 5408万ドル

売上高: 6億6815万ドル 予想: 6億4900万ドル 前年同期: 5億9570万ドル


アメリカを代表するジュエラー、ティファニーの第1四半期は、純利益が6440万ドルとなり、前年同期の5408万ドルと比較して19%の増益となった。

1株利益は50セントとなり、アナリスト予想の40セントを大きく上回った。

売上高は6億6815万ドルで、前年同期比で12%増加した。


マイケル・J・コワルスキーCEOは、「売上げ、利益の伸び、共に我々の予想を上回る結果で今年度のスタートを切れたことに大変満足している」と述べた。

今後に関しても、アメリカと日本では低調な売上げが続くものの、それ以外の国では好調さを維持できるとの見通しを示した。


売上高を地域別に見ると、北米、南米大陸では、3億7360万ドルとなり、前年同期比で6%増加した。既存店の売上高は横ばいだった。

ニューヨーク、マンハッタンのフラッグシップ店の売上高は16%増加したが、アメリカ国内のその他の店舗の売上高は4%減少した。

広報担当のマーク・アーロン氏は、「国内の店舗全体の売上高が増加したのも、海外からの観光客のおかげだ」と述べた。

アジア、太平洋地域の売上高は2億2200万ドルとなり、21%増加した。
既存店の売上高も4%増加し、日本以外のアジア地域では堅調な伸びを示した。

最も売上げが伸びたのは、ヨーロッパで、売上高は6010万ドルとなり、38%増加した。
既存店の売上高も12%増加した。


  地域別 売上高の成長率

地域別 売上高の成長率



今年度通期の業績に関しては、1株当たりの利益見通しを従来の2.75 - 2.85ドルから、2.80 - 2.90ドルに引き上げた。

トムソン・ファイナンシャルがまとめたアナリスト予想は2.73ドルだった。


なお、フレンチオープンテニスで、ティファニーのイヤリングを身に着けてプレーしている、マリア・シャラポワ選手は順調に3回戦を勝ち進んだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【決算発表】 ティファニー 海外での売上げが好調 アメリカ株 投資情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる