アメリカ株 投資情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 【決算発表】 ファニーメイ 大幅な赤字 85%以上の減配

<<   作成日時 : 2008/08/09 09:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカ企業の決算発表


ファニーメイ (連邦住宅抵当金庫) (FNM)

2008年 第2四半期(4月 - 6月)


第2四半期 EPS: -2.54 アナリスト予想: -0.69 前年同期EPS: 1.86

純損益: -23億ドル 前年同期: 19億4700万ドル

総収入: 39億7000万ドル 前年同期: 14億2000万ドル


現在のアメリカの住宅市場は、1929年の世界大恐慌以来、最悪の状況にあるといわれている。

4月 - 6月期にも全米で住宅ローンの債務不履行が増加した。


ファニーメイの第2四半期は、住宅ローンの貸倒引当金が急増したことから4四半期連続の赤字となった。

赤字幅はアナリスト予想の3倍以上に膨れ上がった。


純損益は23億ドル (1株当たり2.54ドル)の赤字となった。

前年同期は19億4700万ドル (1株当たり1.86ドル)の黒字だった。


収入は46%増加して39億7000万ドルとなった。


住宅ローンの貸倒引当金は53億ドルにのぼった。


この日ファニーメイは減配を行うことを発表した。

四半期配当を従来の1株当たり35セントから、5セントに引き下げる。


ファニーメイは、今後はリスクの高い住宅ローンの買い取りをやめる方針を打ち出した。

今年中にオルトAローンの買い取りを終了することになる。

オルトAローンは、プライムローンとサブプライムローンの中間に位置づけられている。


ダニエル・マッドCEOは、「我々の第2四半期は、住宅市場の困難な状況を反映する結果となった。住宅市場の問題は2006年に始まり、2007年から2008年にかけてますます深刻化している」と声明文で述べている。

彼はさらに「我々は改善策に取り組んでいる。第2四半期には70億ドル以上の増資を行い、過去70年間で最も困難なアメリカの住宅不況を乗り越えていくつもりだ」と述べた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【決算発表】 ファニーメイ 大幅な赤字 85%以上の減配 アメリカ株 投資情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる