アメリカ株 投資情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 【米国経済指標】 7月の消費者物価指数 0.8%の上昇

<<   作成日時 : 2008/08/15 08:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカ経済指標


7月 消費者物価指数 (CPI)

[結果:+0.8%  予想:+0.4%  前回:+1.1%]


7月 コアCPI 

[結果:+0.3%  予想:+0.2%  前回:+0.3%]



労働省が14日に発表した7月の消費者物価指数(季節調節済み)は前月比で0.8%の上昇となった。

エコノミストの予想は0.4%の上昇だった。


変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数は0.3%の上昇となった。


前年同月比で見た場合、CPIは5.6%の上昇となり、1991年以来17年ぶりの高い伸び率となった。


項目別では、今回もエネルギー価格の上昇が目立つ結果となった。

エネルギー価格は前月比で4.0%、前年比では29.3%上昇した。

食品価格も0.9%上昇している。


今回の結果はFRBにとっては、良い内容とはいえない。

景気低迷はまだまだ続きそうで、年内の利上げは難しいからだ。


しかし、原油価格の下落基調が今後も続けば、インフレも沈静化する可能性もある。

8月のCPIはそれ程上昇しないと予測するエコノミストも多い。



8月9日までの週 新規失業保険申請件数

[結果:45.0万件 予想:43.6万件 前回:46.0万件(45.5万件から修正)]


新規失業保険申請件数 4週間移動平均

[結果:440,500  前回:421,000]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【米国経済指標】 7月の消費者物価指数 0.8%の上昇 アメリカ株 投資情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる