アメリカ株 投資情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 【決算発表】 さすがは巨人IBMだ

<<   作成日時 : 2009/01/21 19:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカ企業の決算発表


IBM (IBM)



2008年 第4四半期(10月 - 12月)


第4四半期 EPS: 3.28 予想EPS: 3.03 前年同期EPS: 2.80

純利益: 44億2700万ドル 前年同期: 39億5200万ドル

売上高: 270億600万ドル 前年同期: 288億6600万ドル


* 第4四半期のハイライト *


* 純利益は12%増加

* 売上高はドル高のために6.4%減少

* ソフトウェアの売上げは3%増加

* ハードウェアの売上げは18%減少

* アウトソーシング受注は20%増加

* 粗利率は3ポイント上昇して47.9%に


* 2008年度のハイライト *


* 2008年通年の売上高は過去最高を記録

* 2009年の利益見通しは1株当たり9.20ドル



2009年も強気の見通し



さすがは巨人IBMだ!

他のハイテク企業が大幅減益となる中、IBMはアナリスト予想を軽々と上回って見せたばかりか、2009年度の業績に関しても強気の見通しを示してくれた。


IBMの第4四半期(10 - 12月期)決算は12%の増益となった。

純利益は44億2700万ドル(1株当たり3.28ドル)となり、前年同期の39億5200万ドル(1株当たり2.80ドル)から増加した。

1株利益はアナリスト予想を25セント上回った。

売上高はドル高のために6.4%減少して270億ドルとなった。米ドルは円に対しては下落しているが、欧州通貨や豪ドルなどに対しては大きく値を上げている。


2008年度通期の売上高は前年比で5%増加して1036億ドルとなり、史上最高を記録した。

2008年の継続事業ベースの純利益は123億ドルとなり、前年度の104億ドルから18%増加した。また、2008年度通期の希薄化後1株利益は8.93ドルとなり、前年比で24%増加した。


IBMは2009年度の業績に関しては、1株利益が最低でも9.20ドルになるとの見通しを示した。

これはアナリスト予想の中央値を45セントも上回っている。


サミュエル・J・パルミサーノCEOは「2008年度の実績を考えれば、2009年度についても自信満々だね。通年の1株利益を10ドル、あるいは11ドルにするという目標を掲げてきたが、このペースなら予定より早く達成できそうだ」と余裕のコメントを残している。

現在のアメリカで、これ程までに自身に満ち溢れたCEOが他にいるだろうか。


IBMの好調さを支えているのは、ソフトウェアやサービス事業だ。

ソフトウェアの売上高は3%増加して64億ドルとなった。もしドル高にならなければ9%の増加となっていた。

アウトソーシングの新規契約は全世界で20%も増加した。北米では実に44%の増加となり、IBMの信頼の高さを示した。


現在のアメリカ企業の中で、IBMが最強企業の一つであることが間違いなく証明された。

IBMの株価は20日の取引では81.98ドルで終えていたが、決算が発表された後のアフターマーケットでは85.30ドルまで跳ね上がっている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【決算発表】 さすがは巨人IBMだ アメリカ株 投資情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる