アメリカ株 投資情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 【決算発表】 AIG 他

<<   作成日時 : 2008/05/10 02:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカ企業の決算発表


アメリカン・インターナショナル・グループ (AIG)

第1四半期(1月 - 3月)


第1四半期 EPS: -1.41 アナリスト予想EPS: -0.76

純損益: -78億1000万ドル 前年同期: 41億3000万ドル

世界最大の保険会社、AIGの第1四半期は純損失が78億1000万ドル(1株当たり3.09ドル)となった。
前年同期の純利益は41億3000万ドル(1株当たり1.58ドル)だった。

特別項目を除くベースでの1株当たり損失は1.41ドルとなった。
アナリストが予想していた1株当たり損失は76セントだった。

AIGは125億ドルの増資計画を発表した。


今回の大幅な赤字を受けて、S&PはAIGの格付けをAAからAA-に引き下げた。

S&Pのアナリスト、ロドニー・クラーク氏は「AIGが第1四半期に赤字を計上することは予想していたけど、追加損失額のレベルは我々の予想を遥かに超えているよ」と語った。



NVIDIA (NVDA)

第1四半期(2月 - 4月)


第1四半期 EPS: 0.36 アナリスト予想EPS: 0.38 

純利益: 1億7680万ドル 前年同期: 1億3230万ドル

売上高: 11億5000万ドル 予想: 11億5000万ドル 前年同期: 8億4430万ドル


GPUメーカー、NVIDIAの第1四半期は純利益が1億7680万ドル(1株当たり30セント)となり、前年同期の1億3230万ドル(1株当たり22セント)と比較して34%の増益となった。

売上高は11億5000万ドルで、前年同期比で37%増加した。

特別項目を除くベースでの1株当たり利益は36セントで、アナリスト予想を2セント下回った。

スティフェル・ニコラウスのアナリスト、ブレイク・フィッシャー氏は、NVIDIAの投資判断を「セル」から「バイ」に引き上げた。

同氏は「NVIDIAの株価がこれ以上大きく下がるリスクは少ないと考えている。むしろ、収益力向上の可能性の方が高いよ」と語った。

フィッシャー氏はプライスターゲットを26ドルに設定している。



ベリサイン (VRSN)

第1四半期(1月 - 3月)


第1四半期 EPS: 0.21 アナリスト予想EPS: 0.20 

純損益: -1860万ドル 前年同期: 6180万ドル

売上高: 3億5430万ドル 予想: 2億1760万ドル 前年同期: 3億2850万ドル

ベリサインの第1四半期は、資産減損費用等が響いて赤字となった。

純損失は1860万ドル(1株当たり9セント)だった。

特別項目を除くベースでの1株利益は21セントとなり、アナリスト予想を1セント上回った。



ナスダックOMXグループ (NDAQ)

第1四半期(1月 - 3月)


第1四半期 EPS: 0.48 アナリスト予想EPS: 0.49 

純利益: 1億2140万ドル 前年同期: 1830万ドル

総収入: 9億1820万ドル 予想: 8億6160万ドル 前年同期: 7億0910万ドル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【決算発表】 AIG 他 アメリカ株 投資情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる