アメリカ株 投資情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 【決算発表】 ギャップ 売上げの減少をコスト管理で乗り切る

<<   作成日時 : 2008/05/24 06:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカ企業の決算発表


ギャップ (GPS)

第1四半期(2月 - 4月)


第1四半期 EPS: 0.34 アナリスト予想EPS: 0.30 前年同期EPS: 0.22

純利益: 2億4900万ドル 前年同期: 1億7800万ドル

売上高: 33億8000万ドル 予想: 34億5000万ドル 前年同期: 35億5000万ドル


ギャップの第1四半期は、純利益が2億4900万ドル(1株当たり34セント)となり、前年同期の1億7800万ドル(1株当たり22セント)と比較して40%の増益となった。

アナリストが予想していた1株利益は30セントだった。

売上高は33億8000万ドルで、前年同期比で5%減少した。

既存店売上高も11%減少した。


消費者が衣料品などの購入を控える傾向が続いていることから、売上高は減少したが、在庫管理やコスト削減により、増益を達成した。

粗利益率は前年同期から1.5ポイント上昇して39.7%となった。


グレン・マーフィーCEOは「私が最近記憶している中でも、小売店にとっては最も厳しい環境となった。そうした環境においても、我々が達成した第1四半期の業績には大変満足している」と語った。


2008会計年度の1株利益は、1.20ドル - 1.27ドルになるとの従来の見通しを据え置いた。

「アメリカの消費者心理には、まったく改善の兆しが見られないね」とマーフィーCEOは述べた。


GAP」ブランドの既存店売上高は7%減少した。

オールド・ネイビー」ブランドの売上高は18%の減少、「バナナ・リパブリック」ブランドの売上高も4%の減少となった。


マーフィーCEOは徹底したコスト削減と在庫管理で、現在の厳しい経済環境を乗り切ろうとしているようだ。

彼は「今後の我々の方針として、次の2点に焦点を当てていく。まず、消費者の心を捉える魅力的な商品とショッピング体験を顧客に提供すること。その一方で、コストを徹底的に管理していくことだ」と語った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【決算発表】 ギャップ 売上げの減少をコスト管理で乗り切る アメリカ株 投資情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる