アメリカ株 投資情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 【決算発表】 モルガン・スタンレー トレーディングに失敗

<<   作成日時 : 2008/06/19 12:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

モルガン・スタンレー (MS)

第2四半期(3月 - 5月)


第2四半期 EPS: 0.95 アナリスト予想EPS: 0.92 前年同期EPS: 2.45

純利益: 10億3000万ドル 前年同期: 25億8000万ドル

純収入: 65億1000万ドル 予想: 70億5000万ドル 前年同期: 105億2000万ドル


モルガン・スタンレーの第2四半期は、サブプライムローン関連の損失が膨らみ、前年同期比で60%の減益となった。

純利益は10億3000万ドルで、1株利益は95セントとなった。


スペインの富裕層向け資産運用部門と、傘下のMSCI (MXB) の株式売却により、約14億ドルの税引き前利益を計上したおかげで、1株利益はアナリスト予想を上回ることができたが、この資産売却がなければ純利益はさらに落ち込んでいた。


バール・ゲイナー・インベストメント・カウンシルのアナリスト、マット・マコーミック氏は「数字を取り繕うために、はるばるスペインまで行かなくちゃならないとは、ご苦労な話だ。彼らはマジシャンみたいに、帽子の中から何匹のウサギを取り出して見せるつもりだ?」と語った。


純収入は65億1000万ドルとなり、前年同期比で38%減少した。


ジョン・マックCEOは「市場が困難な状況だったことに加え、投資家の活動も低調だったことが、我々の業績に打撃を与えた」と述べている。

また彼は「ハリケーンが吹き荒れたような市場環境だったが、我々はなんとか安全な場所にとどまることができた。我が社の資本と流動性の強化を継続して実施してきた」とも述べている。


債権トレーディングの収入は85%減少して4億1400万ドルまで落ち込んだ。

特に住宅ローン関連証券で4億3600万ドルの損失を計上したことが響いた。


株式トレーディングの収入は11%減少して21億ドルとなった。

商品トレーディングの収入も減少した。

コルム・ケレハーCFOは「商品トレーディングは上手くいくと思ったんだが…。だめだった。まあ、こういうこともあるよ」とインタビューに答えている。


ケレハーCFOはバランスシートの改善を表明した。

サブプライム関連証券への投資額は18億ドルから、3億ドルまで減少させた。


今回のモルガン・スタンレーの決算は、サブプライム問題が未だにアメリカの金融機関に重くのしかかっていることを示す結果となった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【決算発表】 モルガン・スタンレー トレーディングに失敗 アメリカ株 投資情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる