アメリカ株 投資情報

アクセスカウンタ

zoom RSS FOMC FF金利を2.0%に据え置き

<<   作成日時 : 2008/06/26 04:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

FRB(連邦準備制度理事会)は25日のFOMC(連邦公開市場委員会)で、政策金利であるFF(フェデラルファンド)金利の誘導目標を2.00%に据え置くことを決定した。


10人の投票委員のうち、9人が金利の据え置きに賛成した。

唯一、ダラス地区連銀のリチャード・フィッシャー総裁のみが、インフレを抑制するために、すぐさま利上げを行うべきだと主張した。


会合後に発表された声明文では、

労働市場は悪化しており、金融市場は強い緊張下にある

信用収縮と住宅市場の不況、及びエネルギー価格の上昇が、今後数四半期に渡って経済成長を圧迫するだろう

経済成長の下振れリスクは依然として残っているが、ある程度減少した

インフレとインフレ期待に対する上振れリスクは増大した」等と述べられている。


景気の下振れリスクと、インフレ懸念の両方について述べられているが、今後はインフレ対策により重点を置いていく姿勢が示された。

ただし、それ程極端にタカ派的な姿勢に傾いているわけではなく、ある程度中立の立場をとっているようにも見える。


今回の声明文の内容に対し、DMJアドバイザーズのエコノミスト、デービッド・ジョーンズ氏は「利下げが打ち止めになったことは明確にされた。今後は利上げに向かって舵を切るだろう。でも、どのくらい早急に利上げを実施する必要があるのか、特別差し迫った緊急性というのは見えてこなかったね」と語った。

ジョーンズ氏は、今回の声明文から推し量ると、12月のFOMCまで金利が据え置かれる可能性が高いと述べた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FOMC FF金利を2.0%に据え置き アメリカ株 投資情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる