アメリカ株 投資情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 【決算発表】 アルコア 赤字転落

<<   作成日時 : 2009/01/13 12:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカ企業の決算発表


アルコア (AA)



2008年 第4四半期(10月 - 12月)


第4四半期 EPS: -1.16 予想EPS: -0.10 前年同期EPS: 0.76

純損益: -11億9000万ドル 前年同期: 6億3200万ドル

売上高: 56億8800万ドル 前年同期: 70億3200万ドル



* ハイライト *


* 6年ぶりの赤字決算

* 7月以降アルミ価格は56%下落

* 自動車業界などでアルミの需要が激減

* 15,000人のリストラを予定

* アルミ生産量を年間で18%削減する予定

* 昇給と新規採用を凍結



12日から本格的な決算発表が始まった。

いつもどおり真っ先に決算を発表したのは、アルミニウム世界第3位のアルコアだ。


ピッツバーグに本拠地を置くアルコアの第4四半期(10 - 12月期)は、アルミ価格の下落と需要の減少のために、純損益が11億9000万ドルの赤字となった。


アルコアが赤字に転落したことは、アメリカの製造業全体が大きく低迷していることを意味する。

自動車、飛行機、PC、ビールやジュースの缶といった、アルミを使用する製品の需要自体が大幅に減少していることを表しているからだ。

第4四半期にアルミの需要が激減し、アルミ価格は35%下落した。特に自動車産業、航空機産業での落ち込みが顕著で、ボーイング (BA)のストライキによる影響も大きかったとアルコアは述べている。


アルコアの第4四半期の1株損失は1.49ドルとなった。

継続事業ベースでは、1株当たり1.16ドルの赤字となった。これにはリストラ費など、7億800万ドル(1株当たり88セント)の特別損失が含まれる。

前年同期の利益は6億3200万ドルで、1株利益は75セントだった。

トムソン・ロイターがまとめたアナリスト予想の中央値は、1株当たり10セントの赤字だった。


売上高は19%減少して56億8800万ドルとなった。


クラウス・クラインフェルドCEOは「アルミ業界はパーフェクト・ストームに見舞われた。アルミ価格がこんなスピードで下落したことは記憶にない」とカンファレンスコールで述べている。

これほど厳しい状況にもかかわらず、クラインフェルド氏は、アルコアが配当を引き下げたり、停止することはないと強調した。

彼は「多くの人がそういうことを考えただろう。しかしアルコアは60年間にわたって、配当を支払い続けてきた。株主の利益を守ることは我々の義務だ。そのことははっきりと言っておきたい」と述べている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【決算発表】 アルコア 赤字転落 アメリカ株 投資情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる